1坪洗面室

我が家の洗面室は1坪です。今までは洗面室の広さは1坪が一般的でしたが、最近では1坪以上の広さに余裕のある洗面室が設けられることが増えています。広さがある方が家事がしやすく、利用しやすい空間になるのは当然ですが、1坪という限られた空間でも最大限に利用させることで、十分利用しやすい空間となるのです。

まず洗面室のドアは引き戸にします。我が家は上吊り引き戸にしました。ドアのレールが上にあることで、フラットに床が繋がり、レールにホコリがたまることもないのでお掃除がしやすくなります。開閉時にデッドスペースを生まないので空間を利用しやすくもなるのです。そして、洗濯機の上部辺りに設けられる窓を天井近くの高い位置に設けました。チェーンで開閉できるものを選び、採光・採風可能にしたのです。低い位置に窓があると物で窓を塞ぎ、明るさを確保しにくかったり、風通りを悪くしたりするのでこれを避けました。

そして、洗濯機と洗面台を隣接して設置すると30㎝ほどの隙間が生まれるのですが、その隙間をそのままにせず洗面台の高さを奥行を合わせた隙間収納を設けたのです。わずかな隙間のため収納力が少ないようにも感じられますが、タオル類をはじめ化粧道具やヘアアイロン、洗濯用洗剤など洗面室で使用するものをしっかりと収納できています。

そして、洗濯機の上部の壁面を利用して可動オープン棚を設け、家族の下着やパジャマ、洗濯カゴを収納することができています。入浴時にはタオルや着替えを置くカウンターがあると便利です。そこで開閉式のカウンターを設けて、利用しない時はスッキリと壁に収められるようにしました。便利なカウンターとしても活躍しますし、使わない時はしまえるのでスッキリとした空間が広がります。このようにしたことで1坪でも利用しやすい洗面室となっているのです。

外構

家造りの一番最後に行う外構工事。意外とこの外構工事は軽視されてしまいがちです。しかし、立派な建物が完成しても外構工事をしっかりと行っていないと、建物の完成度が下がってしまいますし、安心して庭で過ごすこともできないのです。住宅を際立たせるためにも建物とのバランスがとれた外構工事を行いたいものです。色調や素材が建物の外装に合っているかということに配慮しましょう。建物とのバランスだけでなく、街並みとのバランスにまで配慮することで近隣住宅に馴染み、目立ちすぎることもなくなります。

そして、庭で安心して過ごせるように侵入者を潜みにくくすることが大切です。死角を作らないように、飾り窓をあけたり、気になる視線を遮ることができながらも、人の気配が分かるようなフェンスを用いておくことも大事です。そして、夜に暗がりになりやすいカーポートや裏の勝手口にはセンサーライトを設置しておくことで防犯対策となります。

そして玄関の門周りは、門扉やポスト、表札にインターホンなど機能が詰まった場所でもあります。使いやすさに配慮しておきたいものです。例えば、門の幅は荷物が大きい場合や自転車と一緒でもスムーズに行き来ができる幅があるといいと思います。ポストの設置場所は、雨などの悪天候時でも濡れることなく郵便物が取り出せる位置に設けておくと便利ですし、取り出しやすい高さに設置しておきたいものです。

駐車スペースだけでなく駐輪スペースも確保しておく必要がありますし、インターホンには来客者の顔がしっかりと写る位置に設置しておく必要があります。家造りは外構工事までという考えをしっかりと持ちしっかりと計画しておきましょう。

ぶれない収納ルールで、片付けたままインテリアに

リビングダイニングは、過ごす時間が長く物の出し入れが多いので、散らかりやすい場所です。ゆったりと過ごしたいから、片づけを短時間ですませましょう。

★物に場所を割り当てる
リビングダイニングの奥まった所に、壁面に備え付けたオープンスタイルの棚を作ってみましょう。この部屋のメイン収納で、出し入れは簡単ですが、収納の乱れがインテリアの乱れにつながるので、しっかりと収納計画を立てましょう。上半分は飾る棚、下半分は日用品の棚にして、片づけるスペースを限定し、しまいたい物を割り当てていきます。

テレビやデッキの近くの棚は、ヘッドホンやコード類、DVDなどを入れます。本や雑誌などにも必要な分のスペースを取りましょう。ダイニングテーブルに近いところは、梅干しに海苔、ゴマなど食事時に必要な物や、お茶菓子やチョコレートなどを入れても良いです。その他、簡単な掃除用品や、体温計にマスク、胃腸薬などの常備薬、外用薬や貼り薬など体調管理に必要な物もあります。

さらに定位置を決めるときは、インテリアとして眺めたときに整ってみえるように気を配り、バスケットやボックスなどのおそろいの収納用品にひとまとめにすれば、生活感のあるモノを手早く隠せるうえに見た目も整い、片づけたままインテリアになります。

★いる場所の近くを物の定位置にする
いる場所というのは、居る場所や、物が要る場所というふうに考えます。近くを定位置にすればいいとはいえ、座ったまま手を伸ばせば届くという場所が定位置とは限りません。3歩とか5歩で行ける場所や、部屋から部屋への移動途中であっても定位置に選ぶことができます。

意外と重要な洗面室

家造りを行う中で一番重視されるのがLDKです。それは家族みんなが長時間共に過ごす場所だからです。しかし、このLDKと同じくらい重要なのが洗面室ではないでしょうか。洗面室は、手洗いや歯磨き、ヘアセットやお化粧、入浴の前後にも使用します。

また、洗濯機を設置する家庭も多く家事を行う場所でもあります。いろいろな目的をもって使用され、家族みんなが一日何度も使用する空間であるだけに使いやすさが求められるのです。そして、多目的に使用されるためそれに付随する物も収納しておく必要があります。結果、洗面室には収納しておきたいものが多くなってしまいがちで、それらをきちんと整理できるスペースも求められるのです。

以前は洗面室の広さは1坪が一般的とされていましたが、最近では1坪以上の広さに余裕のある洗面室が設けられることが多いです。広さに余裕があることで大きさのある洗面台を設けることができます。ダブルボウルの広々とした洗面台であれば、家族が2、3人並んで歯磨きをしたり、お化粧をしたりと同時に作業が行えるため、身支度で追われる朝の時間帯には特に便利さを実感することでしょう。

また、脱衣室としても利用するため服を脱いだり、着たりしやすいスペースを確保できますし、天井には室内干しを完備することもできるのです。ここに室内干しがあることで、洗う→干すという作業が効率よく行えますし、悪天候時や夜の洗濯でも干し場に困らずに済むのです。そして壁一面を利用して洗面クローゼットを造り付けて収納スペースを確保するのです。

床から天井まで余すことなく収納スペースとして利用することで、洗面周りで利用するものをきちんと整理でき、使いやすさに繋がるのです。洗面室の広さや収納力、設備など多角的に考え最高に居心地のいい空間を目指したいものです。

重要な土地選び

住宅ローンの金利が低いことや数年後には引き上げられる消費税増税に伴い住宅購入者が増え、空地は次々と分譲地となり、その分譲地もすぐに売れてしまうという状況です。いいなと思っても次の瞬間にはもう誰かの手に渡っているということも少なくありません。敷地面積や土地の価格、周辺環境など総合的に考えていい土地を購入したいものです。

土地を探す際にポイントがあると不動産屋さんに言われたことがあります。まず優先順位を付けておくということです。職場から近い場所を最優先させるのか、学校を重視するのか、ショッピングモールやスーパーなどの商業施設に近い場所がいいのか、駅やバス停など交通網がしっかりしている所がいいのかなど自分たちが何を優先させるのかを決めて土地を探すことが大切なのです。それらの条件を満たし土地の広さと価格がちゃんと相場であるのかということも確認しておかなければ納得できないでしょう。私は治安がよく自然に恵まれ、充実した教育と生活環境が整ったところがいいなと思っています。

また一番気になるのが近隣の住民です。人と人との繋がりを絶つことはできません。互いに支え合うこともあるでしょう。気に入った土地が見つかれば近隣の住民性を確認するのも一つのポイントだと思います。曜日や時間帯を変えて幾度か土地を見に行き住民の雰囲気を感じてみてもいいと思います。

住宅購入に欠かせない土地。住宅への満足度もこの土地によって大きく左右するだけに失敗したくはありません。十分吟味し、快適に暮らせるスタートを切りたいものです。

浴室換気乾燥機のある浴室

浴室は一日の身体の汚れを落とす場所でもありますし、一日の疲れを癒してくれる場所でもあります。そんな浴室を少しでも快適に居心地のいい空間にしたいと考える人が非常に多いです。浴室の快適性を高めるためには浴室換気乾燥機が大きな存在感を示してくれるのです。これを設置していれば4役果たしてくれます。

これからの寒い時期に活躍してくれる機能が、予備暖房機能です。浴室の入浴時のひんやり感を緩和するために、入浴前に浴室を暖めておく機能です。一番風呂でも入浴前にスイッチを入れておけばヒヤッとした感触なく暖かい浴室が広がるのです。寒い冬は、高齢者はヒートショックに気をつけなくてはいけません。このヒートショック対策としてこの予備暖房機能は大変重宝するのです。

逆に暑い夏は涼風機能が活躍してくれます。夏の入浴時やお掃除時の暑さ対策に、爽やかな涼風感を得られますし、浴室を素早く換気してくれます。そして、主婦に役立つのが衣類乾燥機能です。冬期や梅雨時期など屋外で洗濯物を干せない場合、浴室の遊休時間を利用して洗濯物を乾かすことができるのです。洗濯物がしわになりにくいですし、花粉やホコリも付かず清潔に衣類を乾燥させることができます。

そして最後に浴室換気機能です。浴室使用後の水滴や湿気を排出し、カビの発生やいやなにおいを防止するのです。これ一台を設置することで4役果たしてくれるので浴室に設置していると役立つ瞬間がたくさんあるのです。浴室をより居心地がよく、便利さを高めるためには浴室換気乾燥機の存在は大きいですね。

パソコンスペース

私は家事や育児に日々奮闘している専業主婦です。時に家事や育児の合間を縫ってパソコンを使い仕事をする時もあります。今まではダイニングテーブルを使用しパソコンを行っていたのですが、食事をする度に片付けなくてはならず面倒でしたし、食事をするスペースと仕事をするスペースが同じというのも生活にメリハリがつきません。そこで新居にパソコン専用スペースを設けました。

しかしまだ目が離せない小さな子どもがいるためダイニングの一角にパソコンスペースを設けました。そうすればダイニングやリビングにいる子ども達の様子をしっかりと確認しながら仕事を行うことができます。ダイニングの窓際に設けたパソコンスペースは、自然の明るさを採りこみながら心地よい空間が広がっています。横幅のあるカウンターを設けたので親子で並んで使用することもできます。子どもがお絵かきをしている横でパソコンを使い仕事をすることもあります。親子のコミュニケーションの場の一つでもあるのです。

カウンターの両サイドにはオープン棚を設けました。パソコンを使用しない時はこの棚にしまい、パソコン関連用品にここにしまっています。子ども達がもう少し成長したら、ここをスタディコーナーとしても活用しようと思っています。子ども達の勉強道具の一時置きとしてもこの棚は重宝します。パソコンで趣味のネットショッピングをしながらお茶をしたり、仕事に集中したりと多目的に使用できるカウンターを設けたことで、生活にメリハリを付けることもできました。

洗面室

洗面室の一般的な広さは1坪と言われています。しかし最近では1坪以上の広さに余裕のある洗面室が人気となっています。それは洗面室を多目的に使用するからです。生活する上で家族みんなが一日頻回使用しますし、洗濯機を設置することから家事を行う場所です。

広さに余裕のある洗面室にすることで、大きさのある洗面台を設置することができます。そうすれば家族が二人並んで利用でき、朝の身支度を行う時間帯でもスムーズに自分のペースで朝の準備が行えそうです。また入浴の前後で使用する洗面室は、服を脱いだり着たりと動作が多いです。空間的に余裕があるとこの動作のしやすさも高まります。

洗濯を行う場所でもある洗面室は、ここに室内用の洗濯物干し場を完備する家庭も多いです。洗濯物を洗って、移動することなくここの室内干しで洗濯物を干せば家事の効率も高まります。広さに余裕がないと設けることができません。洗濯物を干しても、その他の作業が円滑に行える広さが必要なのです。

そして多目的に使用する洗面室には収納しておきたいものも多いのです。必要な物が必要な場所にきちんと収められることで、洗面室がより便利で使いやすい空間になります。見せる収納と隠す収納を上手に組み合わせ、より便利な空間を目指すのもいいのではないでしょうか。家造りを行う際には、ついLDKばかりに注目しがちです。しかし家族が毎日使用する洗面室こそしっかりと目を向け、使い勝手のいい空間にしたいものです。

オープンなキッチン

最近では、間仕切りなどで閉じられたキッチンではなく、リビングと一体化したオープンキッチンが人気となっています。以前は壁付けのキッチンが多く、キッチンで家事を行う母親の姿はいつも背中でした。リビングから母親に話しかけても声が聞き取れず会話もしにくいですし、キッチンで家事をする母親にとっては孤独の時間でもあるのです。

しかし最近は対面式のオープンキッチンが人気となり、リビングやダイニングにいる家族と顔を合わせながら会話をすることができます。家族の一体感を高められ、家事をする時間の孤独を感じにくいスタイルなのです。また誰でも作業を手伝いやすく、キッチンの存在がより身近に感じられるのです。対面式のフルオープンキッチンは非常に人気なのですが、デメリットもあります。キレイに片付いている時は魅せるキッチンとして存在するのですが、調理中や調理後などの片付いていない時でもダイニングやリビングからその光景が丸見えになってしまうのです。見た目にもよくありませんし、LDKのインテリア性を損なっていまいます。

そこで我が家はキッチンの前に腰壁を設けて、手元部分をしっかりと隠せるようにしました。LDKの一体感は損なうことなく、しかししっかりと手元部分を隠せるので雑多なキッチンをダイニングやリビングから見られることはありません。キッチンスタイルも多様化しています。家事を行う主婦が一番居心地のいい空間となるようにキッチンスタイルに注目してほしいと思います。

ママの居場所

365日休みのない家事を毎日行うママにとってホッと安らぐ場所があれば、家事への原動力も高まるのではないでしょうか。家事の中心となるキッチン近くにママのためのワークスペースを設ける家庭が非常に増えてきました。このようなワークスペースを設けることで、家事の合間の休憩や、家計簿を付けたりデスクワークなども行いやすくなります。また洗濯物をたたんだり、裁縫をしたりとちょっとした作業スペースとしても大活躍してくれることでしょう。

またパソコンを利用する人も多いです。私も家事や育児の合間を縫ってパソコンをよく使用します。パソコンで夕飯のレシピ検索もします。キッチンスペース内や隣にこのワークスペースがあれば、検索したレシピを見ながらスムーズに夕飯の支度も行えます。ネットショッピングをするのが趣味の私は、リビングやダイニングにいる家族との時間を大切にしながらも、ここで過ごす時間は自分だけの時間を楽しむこともでき家事と育児も楽しみながら行えるようになるのです。

我が家にはママのためのワークスペース兼子ども達のスタディコーナーとして利用できるスペースを設けました。それはキッチンの前に広がるダイニングスペースの窓際に設けました。子ども達が二人並んでもゆったり座って勉強ができたり、私はパソコンをしながら、隣で子どもが勉強したり親子で使用できるようにするため、横幅を確保したのです。カウンターの両サイドにはオープン棚を設けました。片側は子ども達の勉強道具を置き、もう片側はパソコン関連用品を収納しています。このような空間があることでママの居場所だけでなく、親子との時間を大事にもできるのです。そんな空間をぜひ設けてみてはいかがでしょうか。